住宅ローンでお困りの時に|希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう
男の人

希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう

住宅ローンでお困りの時に

説明

競売をいかにして避けるか

住宅ローンを利用した場合、通常は30年程度の長きにわたって返済を続けていくことになります。そのため、時には離職や病気などの事情によって、返済を続けていくことが困難になることがあります。住宅ローンを返済しないまま放置しておくと、さらなる困難に直面するおそれがあるので注意が必要です。その困難とは、自宅が競売に付されてしまうことです。競売とは、銀行などの債権者が裁判所の許可を得て行う住宅の強制処分です。競売によって自分の住まいが売却されてしまうと、持ち主は否応なく立ち退かざるを得なくなります。最近、不動産会社の中にはローン返済困難者に対する専門の相談窓口を設けているところが増えてきています。そこで相談した際にまず勧められるのが、任意売却という選択肢です。

専門家からのアドバイスを

任意売却とは、ローン返済中の住宅を任意の方法で売却することをいいます。一般の中古住宅と同様の方法で売ることができるので、入札方式による競売よりも高値で売れるチャンスがあります。つまり、未返済の債務をそれだけ圧縮できることになるわけです。任意売却を行うには、まずは債権者との交渉が必要となります。そこで、売却のスケジュールや立ち退きの時期などを相談します。この、債権者の同意さえ得られれば柔軟な対応ができる点も、競売と比べた場合の任意売却の利点となります。不動産業者の中には、買い手探しの傍らこうした債権者との交渉に関するアドバイスを提供したり、場合によっては交渉そのものを代行してくれるところもあります。引越し費用の捻出なども含め、親身になって相談に乗ってくれます。