測量と登記のプロ|希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう
男の人

希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう

測量と登記のプロ

一軒家

不動産計測のプロ

みなさんは「土地家屋調査士」という職業をご存知でしょうか。普段生活をしている限りにおいてはなかなかお世話になることは少ないかとは思いますが、メインの業務としては土地の測量をする人と言えば分かりやすいでしょう。土地を正確に測りその面積を算出することはもちろんのこと、隣地との境界をしっかり明示する為の目印、いわゆる「境界」を設置することも彼らの重要な役割となります。さらに「土地家屋調査士」という名前がついていますが、建物に関してもこの土地家屋調査士は重要な役割を果たします。例えば建物を新築した時がこれにあたります。建物を新築した際にはこのような建物が出来ましたという届け出を役所にしなければなりません。

地域別の需要

簡単にいうと建物の出生届をしなければならないのですが、これを「表題登記」といいます。このように「土地家屋調査士」は土地と建物に関して、計測して、登記するという業務を担っているのです。この測量と登記という重要な業務を担っている彼らですが、やはり「東京」には数多くの土地家屋調査士が存在します。それだけ東京という土地柄には、彼らに対しての需要があるということなのですが、競争も激しいですし、責任も重くなります。東京という土地柄を思い浮かべてみてください。地価が高いというのは言うまでもありません。それ故、境界に関することでよく紛争がおきる地域でもあるのです。彼らの担う役割がとても大きなものになってくるというのは東京という土地柄容易に想像できますね。