ローン返済に困った時|希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう
男の人

希望の不動産を見つけるには専門業者へ相談しよう

ローン返済に困った時

一軒家と硬貨

生活再建に有利な方法

失業したり給与が減額されたりして、どうしても住宅ローンの返済ができなくなったとき、そのままでは家が競売にかけられ、市場価格より安価で買い叩かれてしまう恐れがあります。任意売却は住宅ローンが残っている家でも、ほぼ市場価格に近い値段で売却できる方法です。任意売却では競売と違って、引越し費用など当面必要な資金は、交渉次第で手元に残すことができます。また住所や氏名が官報に公告されることはないので、知り合いに個人情報が漏れる心配はありません。場合によっては売却した相手から家を賃借するという形で、そのまま住み続けることも可能です。このように債務を整理した後の生活を考えれば、競売よりもずっと有利になるため人気があります。

専門業者に交渉を依頼

住宅ローンを残したまま家を任意売却するには、債権者や購入希望者との難しい交渉が必要になります。高すぎる売却額を設定すると、買い手がつかないまま時間切れになり、競売手続きに進んでしまう可能性があります。しかし売却額が安すぎると、債権者が住宅ローン残額の回収は困難と判断し、任意売却を許可しないこともあります。適当な落とし所を探り、確実に任意売却を進めるには、それなりのノウハウが必要です。経験豊富な専門業者に依頼すれば、自分自身に知識がなくても売却できるというメリットがあります。住宅ローンの滞納を放置しておくのは、最も損失の大きい手段と言えます。一度でも督促があったら、任意売却も含めて早急に対策を講じることが大切です。